[PR] 中古車 輸入
真のグラビアアイドルを語るには!グラビアアイドルの作品のレビューをよ~く見ないとね!!


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
上野樹里★のだめカンタービレ

グラビアアイドル情報

上野樹里
uenojyuri.jpg
上野樹里(うえのじゅり)
●プロフィール
女優
1986年5月25日生まれ
兵庫県加古川市出身
身長167cm
血液型はA型
アミューズ所属(以前は、ウィルコーポレーション所属)。
日出高等学校卒業。
2001年、「クレアラシル」のCMでデビュー。
2004年、『スウィングガールズ』で映画初主演。
2006年、『のだめカンタービレ』(フジテレビ)連ドラ初主演。

上野樹里(うえのじゅり)詳細情報

のだめカンタービレ/上野樹里

のだめカンタービレ DVD-BOX (6枚組)
上野樹里
おすすめ度 ★★★★★


強烈なキャラクターの音大生たちがクラシック音楽に真摯(しんし)に向き合う姿をギャグ満載に描いたそのギャップ感が意表を突く、音楽ドラマの快作。音楽一家に育った千秋真一(玉木宏)は桜ヶ丘音楽大学のピアノ科に在籍しながらも、密かに指揮者を目指している。しかし、子どもの頃のトラウマから飛行機にも船にも乗れないため、ヨーロッパに留学して音楽を学ぶ道は閉ざされている。絶望にさいなまれるままに泥酔してしまった千秋はその翌日、気まぐれに歌うようなピアノの音色に惚れ惚れと目覚めるが、意識が鮮明になってくるとそこはゴミ溜めと化した同じくピアノ科の後輩・野田恵、通称のだめ(上野樹里)の部屋だった。

それぞれに個性の強い演奏者たちが一堂に会するのがクラシックのオーケストラ。そんな誇り高き面々と独裁者たる指揮者がぶつかり合う場ゆえに、オーケストラのリハーサルはめっぽうおもしろい。当然、世界的巨匠・フランツ・シュトレーゼマン(竹中直人)が選りすぐりの風変わりな学生たちを選抜して組織したSオケを、千秋が指揮することになる展開がおもしろくないはずがないのである。

実写の強みをフルに生かしたクラシック音楽の魅力は全編に散りばめられており、コミック的な映像処理をほどこしたドタバタやベタギャグがどれだけ連打されようとも、音楽はすばらしいという世界観が揺らぐことがないのは頼もしい限り。ドラマ中のBGMが基本的にクラシックのみという徹底ぶりも潔い。とりわけ、テーマ曲としてベートーヴェンの交響曲第7番をピックアップしているところが、まさにこの作品のスタンスを物語っている。つまり標題のある「運命」や「第九」といった有名曲に比肩する名曲をドラマの中心に据えているのだから、クラシックになじみのない視聴者へのフレッシュなインパクトはいっそう強いはずだ。この物語が非クラシックファンへのクラシックの訴求を任としているとすれば、これほどに真っ当な選択肢はないのである。

コンスタントに奇声を発するその日常ともども、エキセントリックなまでにピアノに熱狂するその弾き姿が天才肌のそれっぽくて説得力満点なのだめ役の上野樹里と、ひやっとするほどにクールな千秋役の玉木宏とのバランスも絶妙。クラシック音楽とコミカルな笑いとを融合させた大変貴重なドラマである。なお、第1話には千秋の音楽の恩師・指揮者のセヴァスチャーノ・ヴィエラ役で、人気指揮者のズデニェク・マーツァルが登場する。(麻生結一)

★★★★★漫画をどこまで実写で表現できるか・・・
正直、ドラマ化が決定した時は、「改悪ドラマになるのでは・・・」と不安がよぎりました。

何故かと言うと、この作品の面白さを実写で表現するのは、相当な手間が掛かるのではないかと思ったからです。

それは、のだめの核である音楽であったり、登場人物、コメディであったり色々な面でどうなってしまうのかなと・・・。

まあ、私の場合キャスティング(個人的にのだめと千秋が原作そっくり!)とクラシックが主題歌になるという時点でそれだけでいいやとか思ってましたが、予想以上の出来で毎週楽しみになりました。(笑)

実際、セミナーに行ってきた人の話だと、相当試行錯誤して作っていたのだろうというのが伺えます。



1話で千秋が楽譜を投げるシーンはかなり思い切ってやってましたが

意外に原作未読の人にも受け入れられていました。

コメディが差ほど寒くならなかったのは、監督の実力の賜物と言うべきでしょうか・・・。

演奏シーンも実写ならではの迫力で頑張っていました。

キャストも結構考えて選んでくれたかなと思いますね。



でも、原作に忠実にするだけではなく、ドラマならではの面白さも確立されていました。

ドラマなりに改変した部分は多少はありましたが、原作者と前もって話し合った様だし原作を無視しているわけでは決してなかったと思います。



原作を大切にしつつ、ドラマとしての華やかさがあった作品でした。

今のドラマ界は原作漫画のドラマで溢れていますが、原作の面白さをドラマで生かせると思うならドラマ化するべきでしょう。

単にネタがないから原作漫画を頻繁に使おうとするのが今の現状なんでしょうけどね・・・。

★★★★★マンガ実写化としては最高☆
ここまでマンガを忠実に再現してくれると、嬉しいですね(^∇^*)セリフの一字一句同じ!キャラもほぼそっくり!(竹中さんは…まぁ有りかな)
玉木さんもあんなにカッコいい(というかキレイ)のに、ばんばん白目むいちゃってくれて…さすがです! 樹里ちゃんも似てます。で、みんな「のだめ」そっくりだ!と驚いてましたが…私は演技してる時より、素の時の方がのだめっぽいと思いますΣ( ̄□ ̄;||

とにかく、激しいギャグで笑うも良し、千秋・のだめの関係に注目するも良し、クラッシックの迫力に聞き入るも良し!
見所満載のオススメドラマです♪♪

★★★★★ちょっと違う視点で見ると面白い!?
このドラマは、「クラシック音楽」という閉鎖的で

成功もほんの一握りしかいない世界を面白く作っている

いい作品・・・。そんなことは分っている?

では、違う視点でということで。



このドラマの巧さは、役者の人物関係にある。

実は役者同士、顔見知りが多い。多分「初めまして」というより、

「やぁ!」「久しぶり!」という声が多かったに違いない。

例えば玉木宏、竹中直人は、映画「ウォーター・ボーイズ」、

瑛太(龍太郎役)、小出恵介(真澄役)は、

ドラマ「WATER BOYS 2005」の共演者。

瑛太(龍太郎役)、水川あさみ(清良役)、上野樹里(※続編のみ)

は、ドラマ「さよなら、小津先生」の共演者。

玉木宏、上原美佐(冴子役)、小出恵介(真澄役)は、

映画「ただ、君を愛している」の共演者。

上野樹里、竹中直人、白石美帆(ハリセン先生の奥さん役)は、

映画「スウィングガールズ」の共演者。

しかし、なぜか玉木宏-上野樹里、玉木宏-瑛太との共演は

「のだめ」が初めて!



単なる偶然?ドラマでは原作と違い、佐久桜がR☆Sオケに参加

している。実は、佐久桜役のサエコと真澄役の小出恵介は、

ドラマ「おいしいプロポーズ」で共演以来付き合っていると、

既に報道されていた。



本当に偶然かもしれない。しかし玉木宏-上野樹里、

及川光博(佐久間学役)-などいくつかの関係は、

できるだけ避けて「新鮮味」を出している一方で、

既に顔見知りの関係を敢えて重用しているのでは?と思った。

総じて、音楽というジャンルが、才能だけではない、

様々な人間関係で成り立っていることを意識した配役になっており、

実際、ドラマの中で十分生かされていると思う。



それゆえ、このドラマは名作だと思う。

確かに、細かいミスはあるだろう、音楽も???と不満に

感じる人もいるかも?しかし、ただひたすら、このドラマの流れに

浸ってみるのもいいと思う。

★★★★☆純粋に楽しめるドラマ
最近流行の漫画原作のドラマ化ですが、非常に楽しく視聴できたなというシリーズでした。

ドラマを見て興味を持って、漫画も読んでみたクチですが、

漫画の雰囲気やテンポなど、イメージを上手い具合に取り入れていて、

評価の目が厳しくなりがちな原作ファンでも、普通に楽しめる仕上がりではないでしょうか。

ところどころで大げさな演出もありますが、純粋にクラシックに興味を抱かせる面があり、

ドラマや漫画、一連の「のだめ」シリーズに影響されて、

実際のクラシックコンサートなどに足を運ぶ人が増えているなどという話も頷けます。

個人的には、もっと音楽の部分に時間を割いて欲しいところですが、

ドラマという演出上、音楽シーンを延々と、というわけにもいかないでしょうから、

その辺りはm仕方のないところでしょうか。

★★★★★奇跡のバランス
原作も、制作サイドも、俳優さん達も、全てが奇跡の様にバランスが取れ、ピースが綺麗に嵌まって出来たドラマです。

どれひとつ欠けていても、この様な作品は出来なかった事でしょう。

ドラマのストーリーと俳優さん達の成長が、リンクして見えたのも感動的でした。

「音楽と正面から向き合わないと、心から音楽を楽しめない」

音楽以外でも、あらゆる事柄に当てはまる、すばらしい言葉です。

>>もっと詳しく見る




お気に召したら応援してね⇒アイドルranking!(^_-)-☆
アイドルサイト情報はこちら!(^_-)-☆


Googleで検索⇒上野樹里
上野樹里のおすすめ作品集     

幸福のスイッチ

DVD 出口のない海

虹の女神 

スウィングガールズ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gurabiafan.blog86.fc2.com/tb.php/57-1c7bb961
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。