[PR] 中古車 輸入
真のグラビアアイドルを語るには!グラビアアイドルの作品のレビューをよ~く見ないとね!!


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「世界の中心で、愛をさけぶ」 朔太郎とアキの記憶の扉 ⇒もっとグラビアアイドル情報


長澤まさみ
masamimizugi.jpg
●プロフィール
長澤まさみ(ながさわまさみ)

女優
静岡県出身
1987年6月3日生まれ
東宝芸能所属
身長 168cm
血液型 A型
水着画像でも分かるように実は隠れ巨乳
バストサイズはFカップ94センチですって!

2000年、第5回東宝シンデレラコンテストにて史上最年少でグランプリに選ばれ芸能界デビュー。同年、『クロスファイア』で映画初出演。2003年、『ロボコン』で映画初主演。翌年には映画『世界の中心で、愛をさけぶ』に出演し、史上最年少で日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞した。2006年には『ラフ ROUGH』『涙そうそう』と2本の映画に主演、『セーラー服と機関銃』で連続ドラマ初主演を果たす。父はサッカー・ジュビロ磐田初代監督の長澤和明。東宝シンデレラコンテストへは中山雅史・生田智子夫妻の勧めで応募したという。



「世界の中心で、愛をさけぶ」 朔太郎とアキの記憶の扉/長澤まさみ

「世界の中心で、愛をさけぶ」 朔太郎とアキの記憶の扉
長澤まさみ
おすすめ度 ★★★★★


★★★☆☆女優が…
小説と映画をつなぐ森山未來のナレーションが非常に良い。彼の声色のせいか、非常に切ない感じが出ている。
だが難点は、本編の最後の柴咲コウのふてぶてしさが気になった。キャラなのかもしれないが結構不快。
特典映像の長澤まさみの話があまりにつまらなく、ついでに日本語の知らなさが露呈してしまって(隣の森山未來の話がしっかりしているからかもしれないが)なんだか勿体なく、アキのイメージを壊している気もするが…。

★★★★★映画と小説の見事な融合!
高校生のサクとアキが好きな方におすすめです。
特にサク好きな方。
森山未來くんのナレーションがすばらしいです。
こんな陳腐なことばでしか表現できない自分が情けないですが、本当にすばらしいです。
ひとこと、ひとことにサクの感情が表れていて、胸につきささります。
映画とはまた一味違った感動ができます。

★★★★★愛をさけぶ前に
この40分間には、大人になった朔太郎(大沢たかお)も
律子(柴咲コウ)もバーのマスター(宮藤官九郎)も出てきません。
40分全てがサク(森山未來)とアキ(長澤まさみ)のお話です。
全編通して高校生のサクのナレーションで構成されています。
たぶん小説に近い世界だと思います。
たぶんと言ったのは、私が小説を読んでいないからです。

小説と比べると色んなエピソードが抜け落ちていると思います。
断片だけで構成されていると言ってもいいかもしれません。
不思議と、違和感はありませんでした。
抜け落ちたエピソードを自分なりに保管しながら見ていたからです。
ラストでは私も完璧に愛をさけんでいました。

この作品は小説と映画の間にある存在だと思います。
もちろん小説も読みたくなりました。

もしかしたら、小説・映画を含めた三作品の内、
一番好きな作品になるかもしれません。

★★★★☆ただひたすら感動
私は映画を見たあとにこのDVDを購入したのですが、映画を思い出しながら見ていました。
朔とアキの、純粋な姿など、実はこんな感じだった・・・みたいなのが十分あって、映画の余韻に浸っていました。
スペシャルである撮影風景やインタビューもなかなか良かったです。
映画を見ていない人にも十分楽しめる一本だと思います。

★★★★★外伝というより,映画本編とは別作品です
テレビ放送が3分の2くらいまで進んだ時に,映画本編を観て,その
翌日にこれを観ました。原作は読んでいません。

編集でこうも変わるものかとびっくりしました。おそらく原作に一番
近いのでしょう。
高校生のサクとアキが好きなので,とても気に入りました。

>>もっと詳しく見る

[オススメリンク] 激録!芸能ニュースの裏側




お気に召したら応援してね⇒アイドルranking!(^_-)-☆
アイドルサイト情報はこちら!(^_-)-☆




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gurabiafan.blog86.fc2.com/tb.php/129-10870ea8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
世界の中心で、愛をさけぶ}『世界の中心で、愛をさけぶ』(せかいのちゅうしんで あいをさけぶ)は、片山恭一の青春恋愛小説である。小学館より2001年4月に刊行。通称「セカチュー」。2004年以降、漫画化、映画化、テレビドラマ化、ラジオドラマ化、舞台化されている。タ
2008/01/05(土) 14:39:02 | さくらこの部屋
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。