[PR] 中古車 輸入
真のグラビアアイドルを語るには!グラビアアイドルの作品のレビューをよ~く見ないとね!!


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
長澤まさみ★涙そうそう 広島・昭和20年8月6日 完全版

masamimizugi.jpg
●プロフィール
長澤まさみ(ながさわまさみ)

女優
静岡県出身
1987年6月3日生まれ
東宝芸能所属
身長 168cm
血液型 A型
水着画像でも分かるように実は隠れ巨乳
バストサイズはFカップ94センチですって!


涙そうそう 広島・昭和20年8月6日 完全版
松たか子
おすすめ度 ★★★★☆


2005年8月29日、TBSテレビ放送50周年を記念して放映された、松たか子主演のスペシャルドラマ。舞台は昭和20年の日本。やがて平和な明日が来ることを信じて疑わなかった4人の姉弟の、7月16日から8月6日までの20日間を描いたもので、一瞬にして運命を狂わせる原爆や戦争の恐ろしさを訴えた作品。亡き両親に代わって旅館を取り仕切るしっかり者の長女・志のぶ(松たか子)、戦争に懐疑的な代用教員の次女・信子(加藤あい)、自国に絶対的な信頼を寄せる三女・真希(長澤まさみ)と、性格も信条も異なる三姉妹の対比が興味深い。志のぶの恋人役を国分太一(TOKIO)が好演しているほか、ベテラン・西田敏行が印象的な役柄で出演している。(みきーる)

★★☆☆☆ 2006-12-13 子供向け
戦時中においても、そこには現在と変わらぬ人生があり、それが原爆によって一瞬のうちに奪われてしまったという事が、このドラマの主旨だと思います(戦時中の暮らしをリアル再現されているとはとても思えませんが)。難点を挙げれば切りがないのですが、一つ取り上げると、長澤まさみの役は、軍国少女のまま描き切った方が、その悲劇性と共に物語に説得力があったと思います。結局、初放映時に賛否両論をよんだ、エンドロールが一番、説得力があります。広島・原爆関連では、新藤兼人監督の『原爆の子』、『さくら隊散る』をお勧めします。

★★★★★ 2006-10-18 やっぱり最後
最後の西田敏行さんの訴えかけが全てだとおもいます。そしてエンドロールの映像(この間のTVの再放送は映像が変わってた気が…)に続く真実。核の恐ろしさ戦争の悲惨さを改めて知りました。

★☆☆☆☆ 2006-09-16 涙は流れない。歴史の伝え方の1つとしては評価する。
映像もセットもきれいすぎて、

「演じている」だけの偽物の時代には、なかなか入っていけない。

個人個人に罪は無くとも、戦争を始めたのは日本であることを忘れてはならない。

そういう意味では国としては「自業自得」の結末である。

ロケが中国ということには驚いた。中国の懐の広さを感じる。

8月5日にも7日にも各地で一般市民が戦争で死んでいる。

同じ一日でしかない。





★★★★★ 2006-08-02 戦争とは何かを考えさせられる
とてもいい作品でした。

日本軍国主義とアメリカとの戦争と日本の韓国併合、困窮する国民、貧しくなる心・・・・

戦争や民族主義というもののもたらす悲劇を改めて痛感しました。

最後の場面、人が一瞬で消えてしまう、こんな悲劇を繰り返してはいけません。

果たして本当に今のアメリカやロシアや中国といった膨張する軍事大国や今の歴史に対する世論の主張するような『正しい戦争』というのが存在しえるのか、私は少なくともそんなものは無いと信じたいです。

戦争は、人が死に、苦しむだけの悲劇の連鎖しか生みません。

そして、二度と核の禍々しい炎が人々の命が焼き尽くされる事が無いよう願います。

★★★★★ 2006-07-31 悲劇を繰り返さないために
TVで放送されたときには涙が溢れて止まりませんでした。

戦争が終わって60年が過ぎ

悲惨な記憶がこの国から消えようとしています。

そんな今だからこそ老若男女を問わず

すべての日本人に是非とも見て頂きたい。

戦争という悪夢を繰り返さないためにも、

あのような出来事がドラマではなく

実際に数多く存在したということを

我々は忘れてはならないと思います。

>>もっと詳しく見る

アイドルサイト情報は<<こちら>>!(^_-)-☆
グラビアサイトはこちら
アイドルイトはこちら

長澤まさみのおすすめ作品集  

長澤まさみ/Summertime#Blue

セーラー服と機関銃(TVドラマ)

タッチ スタンダードエディション

長澤まさみ 2007年 カレンダー

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gurabiafan.blog86.fc2.com/tb.php/127-8bfc0683
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
新藤兼人新藤 兼人(しんどう かねと、本名:新藤 兼登(読み方同じ)1912年4月22日 - )は、日本の映画監督、脚本家。日本のインディペンデント映画の先駆者である。広島県名誉県民。孫の新藤風は映画監督、新藤力也はDDTプロレスリングのリング・アナウンサー。.wikilis{f
2007/09/30(日) 12:14:47 | お待たせ!映画ファン「映画監督・評論家編」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。