[PR] 中古車 輸入
真のグラビアアイドルを語るには!グラビアアイドルの作品のレビューをよ~く見ないとね!!


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
長澤まさみ◆フ スペシャル・エディション


masamimizugi.jpg
●プロフィール
長澤まさみ(ながさわまさみ)

女優
静岡県出身
1987年6月3日生まれ
東宝芸能所属
身長 168cm
血液型 A型
水着画像でも分かるように実は隠れ巨乳
バストサイズはFカップ94センチですって!

2000年、第5回東宝シンデレラコンテストにて史上最年少でグランプリに選ばれ芸能界デビュー。同年、『クロスファイア』で映画初出演。2003年、『ロボコン』で映画初主演。翌年には映画『世界の中心で、愛をさけぶ』に出演し、史上最年少で日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞した。2006年には『ラフ ROUGH』『涙そうそう』と2本の映画に主演、『セーラー服と機関銃』で連続ドラマ初主演を果たす。父はサッカー・ジュビロ磐田初代監督の長澤和明。東宝シンデレラコンテストへは中山雅史・生田智子夫妻の勧めで応募したという。


ラフ スペシャル・エディション
長澤まさみ
おすすめ度 ★★★☆☆


『タッチ』に続いて、あだち充の原作を長澤まさみ主演で描いた青春映画。祖父の代からライバルの家に生まれたふたりの男女が、いがみ合いながらも水泳への情熱を通して、次第に惹かれ合って行く…。
冒頭で渡辺えり子扮する寮母が「ラフ。未完成こそがあなたたちの武器。どんな見事な絵も最初はラフな下書きから始まる」と寮生たちに語るが、このフレーズはそのまま映画『ラフ』を象徴している。80年代に人気を得た原作とはいえ、「ロミオとジュリエット」さながらふたつの家がいがみ合い、それが主役である亜美の精神形成に影響を与えているという、リアリティのかけらも感じられない設定。またその亜美が幼なじみの弘樹を婚約者としているのは、実家倒産の危機を救ったからという、時代錯誤なシチュエーション。そうした非現実的な要素が支配する世界観であるにも関わらず、長澤まさみ、速水もこみち、市川由衣、高橋真唯ら若手俳優たちの誠実で伸びやかな演技が、爽快な印象を与えてくれる。特に長澤は、高飛び込みの選手との設定から水着姿を披露するが、そのセクシーな健康美には、めまいを覚えるほど。ただし大谷健太郎監督の思い入れか、随所に加山雄三の青春歌謡が登場するあたりは、作品内容との違和感を感じずにはいられない。(斉藤守彦)

★★★★☆ 2007-04-05 素晴らしいスタイル
映画とは、美しい女優を楽しむものである。そう考えるなら、満点の映画。
市川由衣の水着姿も良いが、終盤に市川と長澤まさみが水着姿で並ぶシーンがある。
長澤まさみのスタイルが、別格である事が分かる。
ラフは、長澤まさみのスタイルを楽しむ映画である。

★★☆☆☆ 2007-03-26 早送りするとは思いませんでした
長澤まさみファンとして、劇場でみれなかった分、発売を楽しみにしていました、が…。

まさか、だるくて早送りをしながら見るようになるとは思いませんでした。

原作は全巻読んで、ストーリーは頭に入っていたので理解できましたが、不倶戴天の敵とまで憎んでいた主人公を、いつしか好きになっていく、その過程表現は、2時間の映画では厳しかったかもしれませんが「まるで描かれない」のでは意味が分からないです。

“お兄ちゃん”が事故に遭うのは、クライマックスへの導線として大切なのですが、ここも肝心な説明が薄く、とにかく盛り上がれません。



原作のイメージが強い人は、速水もこみちのキャスティングにも???です。(背が高すぎ)



いっそ、原作をベースにしつつも全く別の物語を構築した方が、今をときめくキャストが生きたかもしれないと思います。(古いたとえであれば、唐沢寿明の“高校教師”のように)



★★★☆☆ 2007-03-25 原作知らない方がいい!
原作読まずに見れば楽しめると思う。自分もそうですし。スポコン映画はだいたい恋して、ライバル倒して、夢かなってハッピーエンド!って感じに同じパターンなんで期待せずに見たが、スピーディーなシナリオ展開のつくりに納得した!めんどくさいシーンをはぶいていて見やすい!ラストもシンプルで好きでした。 長澤まさみ、かわいい(笑)ピンポンとかの傑作には及ばないが、スポコン映画としては合格点あげたい

★★☆☆☆ 2007-03-24 無理に映画化しない方が
原作好きの人は見ない方が良いでしょう。



個人的”ラフ”の魅力は、亜美が”人殺し!”とまで憎んでいた圭介へ好意を寄せる過程と、緒方君を筆頭に寮生男子等の友情であるから、これらを欠いたら成立しないのでは?



100分ちょっとで収めるのは相当無理があるだろうけど、これらがほとんど削られているから、映画だけを見ただけでは何故に圭介に好意を持ったのかが理解できないはず。以前、幼なじみだったというだけではあまりにも説得力が薄い。



長澤まさみ君は役柄的にはなかなか合ってると思うが、もこみち君が選ばれたのは背丈の釣り合い的な感じもしないでもない。



無理に映画化しない方が良かったかも。

★★★★☆ 2007-01-30 あだち充ワールド
映画『タッチ』で落胆した(というか怒りを覚えた)あだち充ファンの皆様ーーー

映画『ラフ』は大丈夫です。



登場人物が誰も優しくないという、

あだち充作品とは思えないストーリーに変換されていた『タッチ』と比べれば(!)、

この『ラフ』は傑作と言い切っても過言ではない仕上がり。



設定やエピソードが、原作と100%一致しているわけではないが、

肝心の「そこに漂う空気感」が同質なため、観終わった後の感じがとても心地いい。



長澤まさみは、明朗活発で強がりな役がピッタリはまっているし、水着姿もとても爽やか。

速水もこみちも、不器用な優しさを表現できていて、はまり役だったと思う。

特に速水は(現在のところ)、この作品が代表作なのでは? と思うほど。

もちろん、脇を固める役者達も個性を発揮していて、観る者を飽きさせません。



ただ、この映画には、号泣するような分かりやすい感動は用意されていないし、

ハラハラさせる恋の駆け引きもないので、「映画=泣きたい」という人には不向きだとも思う。

しかし、「「好き」という言葉を口にするまで」の話が、こんなに瑞々しく描かれている映画も他にないのでは。



原作のあだち充が、『タッチ』のときには、作品を否定こそしなかったが、決して誉めることもなかったのに対し、

この『ラフ』の公開時には、「少年サンデー」にて作品を推薦していたーーー



少なくとも、あだち充ファンは絶対観るべき。(もちろん、そうではない方も是非。)

>>もっと詳しく見る

アイドルサイト情報は<<こちら>>!(^_-)-☆
グラビアサイトはこちら
アイドルイトはこちら

長澤まさみのおすすめ作品集  

長澤まさみ/Summertime#Blue

セーラー服と機関銃(TVドラマ)

タッチ スタンダードエディション

長澤まさみ 2007年 カレンダー
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gurabiafan.blog86.fc2.com/tb.php/117-46396c9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。