[PR] 中古車 輸入
真のグラビアアイドルを語るには!グラビアアイドルの作品のレビューをよ~く見ないとね!!


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
長沢まさみ★涙そうそう スタンダード・エディション

masamimizugi.jpg
●プロフィール
長澤まさみ(ながさわまさみ)

女優
静岡県出身
1987年6月3日生まれ
東宝芸能所属
身長 168cm
血液型 A型
水着画像でも分かるように実は隠れ巨乳
バストサイズはFカップ94センチですって!

2000年、第5回東宝シンデレラコンテストにて史上最年少でグランプリに選ばれ芸能界デビュー。同年、『クロスファイア』で映画初出演。2003年、『ロボコン』で映画初主演。翌年には映画『世界の中心で、愛をさけぶ』に出演し、史上最年少で日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞した。2006年には『ラフ ROUGH』『涙そうそう』と2本の映画に主演、『セーラー服と機関銃』で連続ドラマ初主演を果たす。父はサッカー・ジュビロ磐田初代監督の長澤和明。東宝シンデレラコンテストへは中山雅史・生田智子夫妻の勧めで応募したという。


涙そうそう スタンダード・エディション
妻夫木聡
おすすめ度 ★★★★☆


舞台は沖縄。義父の失踪、母親の死から、義父の連れ子のカオルと生きていくハメになった洋太郎。ひと足先に本島でひとり暮らしをしていた彼は、高校に合格したカオルとふたり暮らしを始めることに。だが喜びもつかの間、洋太郎は詐欺に遭ってしまい…。
物語自体はそれほど大きな起承転結があるわけではないし、どちらかといえば王道系な内容でもある。そんな中で何がおもしろいかといえば、血の繋がらない兄と妹のさざ波のような微妙な感情の揺れ具合。家族としての愛、男女としての愛…そんなものが混ぜこぜでファジーな感覚で突き進み、相手のことを思いやるあまりに本音を言えない感覚がリアルに伝わってくる。そう、これは元来の日本人の美徳であった“思いやり”精神にあふれた映画で、久々の日本映画らしい日本映画なのだ。(横森文)

★★★☆☆ 2007-04-08 “涙そうそう”だけど、泣けない、、、。
 いきなりベタな言い回しで申し訳ない。誠実な映画だとは思う。妻夫木聡はすごく良い。「いま、会いにいきます」での中村獅童同様、“自分の身の丈の中で”懸命に頑張る姿は好感が持てる。監督の土井裕泰は、沖縄の持つほんわかな原日本的な風景のもと、善意ある人々を、今回も嫌味なく暖かに描いてくれる。でも、泣けない。少なくとも、最近涙腺が緩んできた私でも泣けなかった。モチロン、別に泣ける映画が感動的で良いと短絡的な事を言っているのではない。ただ、この映画を観る恐らく過半数の人々が「いま、会い」同様、清らかな涙(ちょっと臭いか)を流したいと期待している以上、そして、製作者側も恐らく“それ”を狙って作ったと推測される以上、これは問題だ。何故、泣けないのか?それは、一目瞭然。それは、あまりに安直で“予定調和”的なストーリー展開に尽きる。森山良子&BIGINによる「涙そうそう」は名曲である。それこそ、その歌詞とメロディを聴いただけで私などは心の琴線に触れてジーンとしてしまう。多分今作の作り手も同様な気持ちだと思う。でも、ね、だからと言って、その歌のまんま、物語が進行していくようでは、何ぼ何でも観る者を随分と馬鹿にした話じゃありません。敢えて言わしてもらえば、終盤は、カラオケで「涙そうそう」を歌いながら、背景に流れるイメージクリップを延々と見せられている気がしてならなかった。昔、日本映画には“歌謡映画”と言うジャンルがあった。大ヒットした歌を主題歌に観客を引きつけようとする、当時の映画業界の苦肉の策と言えるジャンルであったが、映画の中身は全く歌詞とは関係なく、オリジナルで作家性のあるものだった。公開中の「ホリディ」でも感じたことだが、ようは、ひねりが足らないのである。

★★★☆☆ 2007-04-06 兄弟愛っていぃですね‥
なんかすごいいぃ話なんだけど‥あっけなくてさらに泣けないという‥どうなんですかね!!期待しすぎたのかもしれない!!

にぃにぃの人間的素晴らしさと妹の兄を敬う気持ち、それぞれのやさしさに見てる側も幸せな気持ちにはなりますけどね!!

別に見てもいぃとは思います!!演技力とかストーリー性は文句の言いようがないですから☆

★★★★★ 2007-04-05 泣いちゃいました
妻夫木聡と長澤まさみが血のつながらない兄妹ときいてあだち充の「みゆき」を頭に浮かべてしまったため(最近の映画界ならやりかねないでしょ?)軽い話を想像してました。なのにスゴイ感動…ひたすら働いて働いて妹思いの兄、最後の台風のシーンで号泣でした。妻夫木聡はいつもはカッコ悪い役が多いケド今回はカッコ良かった!!にぃにぃ最高!!でもやっぱりどこか「みゆき」っぽかったです。

★★★★☆ 2007-04-04 ナチュラルで良い
妻夫木が演じるにぃにぃの姿が、どことなく懐かしい良い匂いがしました。

生き方が鈍くさくても純粋だから憎めない。

こういう人と酒を酌み交わしながら、地位も見栄も何も気にせずに等身大の自分で本気の話がしてみたいなぁーと。。。

私の男としての理想像にピッタリなんだと思います。 こうなりたいけれど、なかなかなれないもんですね~;



ストーリー展開としては、これといってひっくり返る様な意外性は特にありません。(詐欺事件以外は)

ただ、にぃにぃの周りに集まる人たちが、接し方の形はそれぞれ違えど、それぞれの愛情をもって接している、そこがなんか良いんです。 にぃにぃという存在があって周りの人たちが明るくなれる、優しくなれる。 にぃにぃも周りの人たちに励まされ生きる活力をもらっているから頑張れる。 ここまでプラス思考の人達が集まると毎日が楽しいだろうなぁ~と羨ましくなってしまいます。

それは「なんくるないさぁ~」(なんとかなるさ)という沖縄特有のポジティブ文化を象徴しているようにも感じました。 



妻夫木くんの沖縄方言もなかなか様になっていて違和感は感じられませんでしたよ。スゴイ!

★★★☆☆ 2007-04-04 思っていたほどでは?
 前評判もよく、年甲斐もなく長澤まさみのファンだったので買ってみました。思っていたほど感動もなく、人一倍涙腺がゆるい私でさえ泣けませんでした。残念。

>>もっと詳しく見る

アイドルサイト情報は<<こちら>>!(^_-)-☆
グラビアサイトはこちら
アイドルイトはこちら

長澤まさみのおすすめ作品集  

長澤まさみ/Summertime#Blue

セーラー服と機関銃(TVドラマ)

タッチ スタンダードエディション

長澤まさみ 2007年 カレンダー





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gurabiafan.blog86.fc2.com/tb.php/115-46286092
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
長沢和明長澤和明(ながさわ かずあき、1958年2月4日-)は、静岡県清水市(現・静岡市清水区)出身のサッカー選手・指導者。サッカー日本代表|日本代表経験を持ち、現日本プロサッカーリーグ|Jリーグ・ジュビロ磐田の初代監督も務めた。長女は女優の長澤
2007/08/16(木) 07:59:01 | かなでのブログ
CanCamモデル、女優、歌手、タレントとしても活躍中の山田優。山田優が芸能界の
2008/06/11(水) 16:35:07 | 山田優 噂の真相を暴いた画像の数々
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。