[PR] 中古車 輸入
真のグラビアアイドルを語るには!グラビアアイドルの作品のレビューをよ~く見ないとね!!


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三津屋葉子 東京大学物語


内容紹介

ビッグコミックスピリッツに連載されていた人気漫画の初映画化作品。

漫画家江川達也本人が初監督。
主演にアイドルタレント三津谷葉子、人気急上昇の若手俳優田中圭を起用。



東京大学物語
三津谷葉子
おすすめ度 ★★☆☆☆


水野遥(三津谷葉子)は天才的な頭脳を持つ高校生。過去にいじめを受けたトラウマから「人並みの」生き方を演じていた。ある日学年トップの村上直樹(田中圭)から告白された遥は恋に落ち、二人三脚での東大合格を目指す。しかし、受験前日に浮気をした上に不合格となった直樹は、合格した遥を避けるように。遥は、東大に再チャレンジする直樹をけなげに思い続けていたが、距離は広がっていくばかりで…。
1500万部を越える大ヒット漫画「東京大学物語」の原作者・江川達也が自ら監督、遥を主人公に置き換えて映画化。エッチな場面を織り交ぜつつも、遥のひたむきな思いをつづった青春ストーリー。賛否両論ある衝撃のエンディングは、痛々しくせつない。(仲村英一郎)

★☆☆☆☆ 2007-03-08 英語で言うと「chick flick」
日本人の「出る杭は打たれる」精神を「日本人を家畜にしている」アメリカの所為だという学説をこの映画で初めて出会った。確かに笑わせてくれたけどそれは悪い意味でね。

★★★★★ 2007-01-01 三津谷葉子as女優
僕は、水野遙ちゃんみたいな子が好きです。

ドラマの主人公に、純情一途な「まごころ」を捧げ続ける子が。

原作は中途半端なままだから、絶対これでは、作者本人が納得してないだろうと思ってた。

ケジメをつける機会を、狙ってたんじゃないか、とも思った。

それは、彼の文やインタビューからも、はっきり窺えたし。

で、出来たのが、この映画だったんじゃないか。

描きたかったのは、

・遙ちゃん目線での、純愛

・原作で表現しきれなかったことに関する、作者から遙ちゃんへのメッセージ

・遙ちゃんファンへの、作者のエクスキューズ

ではないかと思う。

「売る」ための映画だったら、いくら監督業シロートでも、こんなエンディングにはしないだろう。

「二人は結ばれたけれど(夢でも可)、遙は死んでしまった」と落せば、涙を誘うことは出来る、くらいのことは、当然わかってたはず。

でも、そうはしなかった。遙には、失恋しかない。

これは絶対、作者として「譲れない一線」だろう。

でも「遙は、ひとり寂しく、死んでしまいましたとさ」では、救いがなさ過ぎる。

だから「想いを受け止める者」としての、作者自身の映画への登場が必要だったんだろう。

但し、「水野遙」は二次元人であって、この世界の存在ではないから「これは、お話だよ」とも言わねばならない。

そう考えていくと、あのラストは、必然だとしか思えない。

但し、そう思うのは、作者本人・遙ちゃん・そしてその両方のファンという、ごくごく限られた者だけだろう。

あえて言わせてもらえば、これ以外のラストでは、僕は納得できず、怒り狂ったと思う。江川達也ってふじっこと通じる考え方の持ち主じゃないかと思う。

だから、葉子ちゃんを選んだ真の理由も、聞いてみたいなあ。

絶対胸だけじゃないと思う。だって、葉子ちゃんより大きい子なんていくらでもいるんだから。

★★★★★ 2007-01-01 三津谷葉子as女優
この「東京大学物語」はどうしても遙目線で描きたかったんだ。

そして映画も、その意味においては成功していたと思う。もちろん「補完」が第一目的だから、原作を知らない人にはわかりにくい、感情移入しにくい部分もあったかもしれない。

けどそれは、承知の上で大胆に切り捨てたのだ。そうでなければ、本当に言いたいことが言えないから。

伝わりましたよ、十分すぎるくらい、伝わってきた。途中からもう、涙が止まらなくなっちゃったよ。(泣)

この作品、早晩「原作者の自己満足」という評価だけを残して、消えていってしまうのかもしれない。

でも、伝わる人には、間違いなく伝わった。

「感情移入できたかどうか」これだけですよ。また、今回、なぜ葉子ちゃんが水野遙と言えば、監督は「HシーンOKだったから」とか「ムネがデカいから」とか言ってるけど、あれはマスコミ向けリップサービスでしょ?

「薄幸の美少女」「健気な」で表わせる子って、葉子ちゃんが筆頭じゃないの?

雪の中、村上君のアパートの下でじっと佇むシーン、素晴らしいよね。

雪山から一気にラストへドタバタなだれ込む展開、下手な子がやれば、コメディになっちゃうか、意味不明にしちゃう。僕は葉子ちゃん、上手いと思う。

「脱ぎっぷりが悪い」とか「出し惜しみ」とかいう声がありますね。

それは葉子ちゃんの拒絶でも、ジムショの躊躇でもないでしょう。「遙ちゃんは「聖母(マドンナ)」ですよ。清らかなままでいなくちゃならない。

それは「肉体的に」でも「精神的に」でさえない。もっと高い部分での「絶対性」というか。だからこそ彼女は、ああなるしかなかった。という部分で、モロ出しシーンは範田紗々ちゃんや不二子ちゃんに回ったんでしょう。

ズバリのシーンがあっても、多分葉子ちゃんにもジムショにも抵抗はないと思うし、僕にもありません。



★☆☆☆☆ 2006-12-24 こんなものか
三津谷葉子の乳首は拝めないことは

事前に知っていたのでそこは期待せず鑑賞したがそれにしたってこんな程度か?

教卓でのシーンはディープキスがメインでブチュブチュばっかしていて三津谷の乳は

村上役の手から乳の肉が少しはみ出てる程度しか見えません。揉んでるというか

乳に手を置いているといったほうがあっている。当然吸ってもいません。

「全裸」のシーンはほんと一瞬で公開前雑誌で流されたワンショットのあれだけといっていい。

あとは毛布にくるまってるし二人が結ばれる(そのものずばり結合シーン)は三津谷は

雪山で遭難して気を失って無意識状態であえぐとか悶えるとかなく眠り顔アップばかりで

完全にマグロ。これだけ?という感じだった。唯一の見所は村上役とエリ役の範田紗々の

ベッドシーン。(話はそれるけど「範田紗々」って芸名「パンダ笹」をもじってるだけで

AV女優みたいな安直な芸名つけずに事務所はもっと考えなよ、と思ってたら本当に

AV女優になっちゃいましたね)配給がソフト・オン・デマンドの名だけある。

でもそのシーンは10分ないと思うので映画代(上映はとっくに終わってるけど)

DVD代を払うにはもったいないのでレンタルをお勧めします。



★★☆☆☆ 2006-12-02 三津谷葉子には最優秀乳首防衛賞をあげよう。
ネットの掲示板で江川作品批判者と擁護者のやり取りをROMったことがある。

最後のほうは擁護者が批判者に「天才江川先生の深いメッセージ、真の幸福とは何かを理解できぬ愚か者めが!!」といった反論になっていき笑ってしまったことがある。

誰がなんと言おうと江川作品は深いメッセージよりもエロで売れたのである。

さて漫画が映画化、もちろんR-15でしかも監督は原作者というわけでどんなもんかと見に行った。

第一の見せ場である教卓でのシーン。ここははじめて好きな人におっぱいを見られるひとつのヤマ場なのに三津谷が乳首を見せない。後半のクライマックスで見せるのかと思ったら全裸になっても手の位置は頑なに不自然に乳首をしっかり守っている。なんだか外したな、と思った。三津谷が出てくるだけで大喜びのファンならそれだけで「葉子ちゃんのラブシーン、裸をここまで見れた」「葉子ちゃんがんばった!」とか思うんだろうけど別にファンではない自分は完全に映画のテンションを下げてしまったと思う。まあ三津谷を責める気はない。乳首を出したくない、出せない理由があったのだろう。

これは肝心のシーンで確実に全部脱げる契約、または全部脱げる素材をキャスティングしなかった監督江川の責任だ。その分範田紗々が激しいカラミで完全に三津谷を食っちゃった感があるが。

そしてそしてラストどうくるのかと思ったらなんと江川教祖が直々に映画に降臨(笑)

遥ご本尊と夢の対談。(江川信者はここで失禁級の感動)

どんでん返しってこのことか?このことなんだろうな。漫画でも最後はグダグダな江川作品らしい終わり方。

もしあなたがこの映画を見て面白く観られなかった人で、それが何らかで江川信者と接触してしまい「この映画にはエロの奥に隠された深いメッセージが・・・」とかいってきたら「自分はそういうの(宗教)興味ないんで。」とスルーしましょう。







>>もっと詳しく見る
スポンサーサイト
荒木のぞみ&長谷川りりな EIGHT

内容紹介

人気グラビアアイドル、荒木のぞみ&長谷川りりなの2人が
大胆なセクシーショットを披露したイメージDVD。
これは見るべし!

荒木のぞみ&長谷川りりな EIGHT
荒木のぞみ
おすすめ度 ★★★★★


★★★★★ 2006-11-12 傑作!
荒木のぞみ単体で見れば彼女ひとりの「EIGHT」の方が上かもしれない。

しかし!何とふたりのからみのイヤらしいことか。ローション塗り塗りに絡むところなんか、

ありえないほど完璧なアングルで撮ってくれます。映像もキレイだし。

とにかく買え(笑)!星5つでつ。



★★★★★ 2006-11-02 けしからん
こういう普段単体でDVD出しているコ同士のコラボものは大抵大味なものになってしまい中途半端なものになるのが殆ど。しかし、この作品は違います。とにかく下半身への接写、お互いの密着度、お触り度が半端じゃありません。単体でのシーンも始めの紹介程度。唇が触れたりカラダもみ合ったりローション股間にかけられたり。本当に……けしからん未成年です。あまりにけしからんので売りになど出さずに門外不出にすることにしました(笑)。それくらいの作品です。

★★★★★ 2006-10-01 接写が魅力
荒木のぞみちゃんのレイフル決別となった3部作の第一弾!
ラストエロとも言えるシリーズです。
ちなみに10月6日に発売される単独のDVDはレイフルの撮影あと収録された物なので二度とレイフルチックな路線は最後らしいです。

★★★★☆ 2006-08-30 絶妙な編集あり
前回のデュオ作品(T1グランプリ)は見送ったが,今回は購入。

荒木のぞみが目当てであったが,もう一人の子(長谷川りりな)も予想

以上によかった。でも胸が大きいせいか,長谷川りりなの手ぶらはありません。

さて,肝心の中身ですが,あえて多くは語りません。

ですが,絶妙な編集もれがあり(というより明らかに意図を感じる),

荒木のぞみファンは大満足できると思います(アップにしてじっくり目

をこらしてください。)。



でも,やっぱり次回はピン作品がみたいぞ,星4つ。

★★★★☆ 2006-08-27 過激ではあるが…
はっきり言うと、荒木のぞみちゃんの作品の中で今までで一番過激です。手ブラをしてみたり、胸を直接揉まれたりしています。ポッキーも舐めます。
しかし、どうもこの作品ののぞみちゃんは化粧が濃すぎるのか、いつもののぞみちゃんの表情と違うので残念です。目をプチ整形でもしたのかな!?と思いました。
この作品は長谷川りりなさんとの絡みがほとんどなので、過激ではありますが、単体ものが好きな方には少し物足りないかなと思います。


>>もっと詳しく見る
堀田ゆい夏 写真集H.


内容紹介

Fカップ90?の巨乳が揺れるっ!
学習院大卒の知的で上品なお嬢様アイドル・堀田ゆい夏
が乱れるっ!! 
熟れたカラダ、こぼれ落ちそうなバスト、濡れた唇、
物憂げな視線…ゆい夏の重大決意写真集、ついに登場!!!

堀田ゆい夏写真集H.
西條 彰仁
おすすめ度 ★★★☆☆


★★★★☆ 2007-05-25 健康的な王道アイドル写真集
数種類の水着を着用しているものの、きわどいポーズはあまりなく、イヤラシさは感じられず、どちらかといえば健康的な写真集に仕上がっています。

雑誌のグラビアの露出度や過激さと比較すれば、物足りなさは残るものの、

それでも彼女のプロポーションはかなりの高レベルなので、今後ますますブレイクする可能性があると思います。

★☆☆☆☆ 2007-04-11 おやおや
他の方も書かれている通り、このモデルさんは、グラビアをやっていくのは難しいではないかと思います。顔もスタイルも魅力を感じませんし、DVDもダメですしね。

★★★★☆ 2007-03-31 DVDが良い
タイトルは「H.」だけど、グラビア誌とかのほうが過激なショットは多いです。横乳やパンチラっぽいのもあるけど、そういう視点で見るなら「ゆい夏の○○○」のがいいかと。もちろん本作でも彼女の良さは保障しますが。
でも、どちらかといえば同時期発売の同名DVDの方が買いです。写真集のメイキングですから全ての水着・衣裳が動画で堪能できますし、素の彼女も見れる分、かなりお得で買いです。撮影したカメラマンの方には申し訳ないですがそっち先に見ると写真集がつまらない印象になってしまいました。両方買うに越したことないですが、金銭的に厳しいなら断然DVDです。

>>もっと詳しく見る
永岡真実 まみいろ。


内容紹介

17歳の正統派美少女アイドル・永岡真実ちゃんの最新イメージ。
ピュアな魅力あふれる彼女が、得意の水泳で鍛えたB86cm、
W60cm、H90cmのハツラツボディをさらけ出す。
男性諸氏ならメロメロになること必至の"まみちゃんワールド"をご堪能あれ!!

まみいろ。
永岡真実
おすすめ度 ★★★★★


★★★★★ 2007-04-20 とってもかわいらしい。
そして愛らしい真美ちゃん。隠れた逸材だと思います。

健康的で元気で素直な「ほわわん」とした感じが伝わってきます。

笑顔もかわいく、心が和みます。

そんな子がけっこう大胆な格好やポーズをしてくれているので

非常に価値のある作品だと思います。今後も楽しみです。

★★★★★ 2007-03-18 さらに磨きの掛かった体
チャプター全般に言えるのが胸やお尻、股間あたりにズームが行くところ。

男の目が行きそうなカメラの撮り方で非常に満足出来ます。

更衣室での競泳水着?を舐めるようなカメラワークが・・・

他の方も書いてましたがここでお尻を突き出した格好があります。(チャプター2からいきなり^^;)

よく事務所がOK出しましたね。今じゃ普通なのかな?こんなPV。

胸も大きくなって見所満載です^^

★★★★★ 2007-03-09 使えるシーンが多い秀作
白・赤・茶などのビキニから、大きく胸の開いた白のドレス、そしてスク水、果ては清楚な制服まで、多彩な衣装を着こなす真実ちゃんが楽しめます。

なかでもお奨めのシーンは、白のビキニ姿でベットにもたれかけながら、こちらを哀願するような目で見つめるシーンです。

ナニやらイケナイことを妄想させるようで、かなりソソリます。

胸も大きくなったし、何よりクビレがすごくなったように思います。

★★★★★ 2007-02-27 大人になり色っぽく…
15歳の1stDVDから、見続けてきましたが、真実ちゃんホントいい女になってきました。

本作でも彼女のほぼパーフェクトな、すばらしい肢体を見ることができます。



少し胸が大きくなった気がします。その胸をベットでぴょんぴょん、ビーチでラン、バランス

ボールでゆさゆさと、胸派の方にはうれしいショットではないかと。

お尻派の私としては、競泳水着の突き出しヒップがお宝シーン!



特典映像もなかなかサービスいいです。水着でなくともタンクトップ越しの胸が非常にそそりますね。

このルックスでこの露出は、やはり最高クラスです。



ファンならずとも、星5つで!





>>もっと詳しく見る
長谷川りりな★桃色聖春女学園 5


内容紹介

人気の「桃色聖春女学園」シリーズ第5弾は、B90cmでEカップの
長谷川りりなを大フィーチャー。
りりなちゃんが得意の甘えっ子対決やヌルヌルローションゲーム、
くすぐり恥ずかし責めの罰ゲームなどに挑戦した、ちょっぴりエッチ
な嬉し恥ずかしの1枚。

桃色聖春女学園 5 長谷川りりな…
長谷川りりな
おすすめ度 ★★★☆☆


★★☆☆☆ 2006-06-18 いまいち
ツイスターゲームでは、長谷川りりなの股間にちょっと注目でしたが、他は品川って子以外見る価値ナシでした。物足りない感じで終わった感があります。

★★★☆☆ 2006-04-30 メインをおかなきゃ良かった?
長谷川りりなというちょっと売れ出した注目アイドルを起用しているせいか前々作までよりパワーダウンしている気がします。出ているコも長谷川りりなと品川杏奈以外はレベルを全く満たしていません。バナナやアイスなめ、股間のアップはありますがこのシリーズではいつものこと。恒例の甘えシーンもメインの長谷川りりなは笑いを吹き出しながらなのでどうもリアリティにかけます。このシリーズを最初に買うなら1から3まで(自分的には1)、長谷川りりな目当てならEIGHT・少女革命のほうがよいのではないでしょうか。

>>もっと詳しく見る
堀田ゆい夏★ H.


内容紹介

学習院大学卒の知性と色気を兼ね備えたグラビアアイドル
・堀田ゆい夏ちゃんのイメージDVD。
オーストラリアのケアンズの開放的な青空の下、本人が
「まだ撮ってもらったことがない」という“素”の姿をさらけ出す。
壁紙とシステムボイスも収録。

H.
堀田ゆい夏
おすすめ度 ★★★★★


★★★★★ 2007-03-15 今までで一番エロい
年齢的なものもあってか、今回は結構セクシー衣装にチャレンジしています。柔らかそうな乳が伝わってくる・・・・・でももう少しユラユラ乳の動きがあったり、乳の形がクッキリノーブラシーンやスケスケ下着シーンがあれば言うことなしでした。。。次回作に期待大です。。。

★★★★★ 2007-03-15 堀田ワールド、開眼!
 彼女に何を求めるか?それにつきます。このDVDの評価。



 小生が彼女に求めるものは「むちむち」であり、ヒップやフトモモと、その間にかろうじてビーチフラッグのように頼りなくはためく三角の布ビキニパンティにギンギンしたいのであります。そしてそれは本作でもまったく裏切られることはありません。



 内容は基本的に写真集のメーキング的映像なのですが、こういったDVDフリークの諸兄ならご存知の通りスチール写真の時のビキニの表面積は、動画のときのそれより小さいため、さらにスリリングな映像が楽しめるのです。



 個人的に気に入ったシーンは

1)グレーの綿ビキニ。さまざまに体勢を変えて最後、ブラを取る。そのブラがパッドも何もないためパンティのようにクチュっと小さくなる。それを振りかざしながら逆三角形の「サセ子」の目で微笑む彼女に爆発!



2)最後のシャワーシーン。ランジェリーなのだが、パンティの三角エリアとその上の下腹の、芸術的なまでにうっすら、ぽってりした脂肪のノリと、そこを滴り落ちる水滴がまるで執拗な愛撫のようである。バスタブの中で屈葬のスタイルになる際、尻と腿、そして股間まで見せる大サービス。



 堀田嬢は本作で自分のウリを確立したようである。それは「ちょっち豊満」なセグメントでのナンバーワンを志向するものであり、彼女の背中~でん部のバックショットを見るとルノワールの裸婦を思い出す。やはりスケベな男子が求めるのは「豊かな」肢体なのだろう。

★★★★★ 2007-03-14 写真集メイキング風ですが露出度高です。
衣装紹介→イメージ映像(撮影風景)という流れです。

インタビューは特典映像がメインです。

胸元の大きく開いたドレス、普通の水着と思いきやブラのストラップを外したり(背中のみ裸)泡風呂入浴…など頑張っています。

露出度でこれ以上を求めるとTバック、手ブラ、ニプレス等、着エロアイドルの定番しか思いつきません。

痩せ過ぎず、太過ぎず、のムッチリボディも健在で非常に良い作品と思います。

しかし写真集と同時撮影を行っているためか目線がカメラから外れているシーンが多いので(写真集優先?)その点が気に入らない、と感じる人もいるかも知れません。

毛糸の帽子(耳の部分が長~くなっている)のシーンが短いのが残念な点でした。

しかし何回か見たくなる出来なので☆5としました。

★★★☆☆ 2007-03-14 堀田ゆい夏さん本人は、相変わらず素晴らしいのですが
通算6枚目のDVDということで、非常に楽しみにしておりました。

しかし残念な事に、過去の作品からみると一番出来が良くないと思いました。

相変わらず堀田ゆい夏さんは、笑顔もかわいいしスタイルも抜群、露出度も今までよりグッドですが、作品としてはいまひとつって感じでした。

それは、作品自体の構成や撮影の仕方、バックに流れるBGMが画像とマッチしてないと思いました。

単なるメイキングDVDになっちゃってますね。

本人をより一層引き立てるためには、作品自体の構成が大事である事を痛感しました。

作成スタッフの方々は、過去の5作品を見直しして頂きたいです。

でも、堀田ゆい夏さんは今後共応援していきますよ。

★★★★★ 2007-03-14 買いましょう!
可愛いさとセクシーさが見事に共存、演じわける彼女。今回は前作のようなバーチャル的な感じとかでは無く、オーストラリアでの写真集の撮影シーンやオフショットが中心になっています。痩せ過ぎずたるま過ぎずのリアルに男性が好むスタイルは健在で終始ドキドキしっ放し。勿論トレードマークとも言える笑顔とのコラボあってのことですけどね。彼女じゃなきゃこうはなりません。オフショットではブログで感じる彼女の印象がそのまま映像化したみたいですごく楽しめました。今までで一番素の彼女が出ているDVDになってますね。これ見たらホント、彼女にしたい女の子No.1になりますよ♪
てな訳で、今作も買い!の一本です。映像もクリアで鮮明だし、彼女のオンとオフ、両方楽しめる超良作ですよ!!

>>もっと詳しく見る
ミスマガジン2003 夏目理緒

内容紹介

ミスマガジン2003のミスヤングマガジンを受賞した夏目理緒
ちゃんは、T156B98・W58・H85の18歳。
Jカップ98cmの驚異のバストながら、ウエストや脚はむしろ
スレンダーという奇跡のプロポーション。
フィジーの青空の下、9種類もの水着を着て、オイルマッサージ
や乗馬、ビリヤードなどを体験。
公園のシーソーで揺れるバストは特に迫力。
本編42分に加え、DVD特典映像としてミスマガの女の子どうしで
ビデオを回したプライベート・オフショット映像が4分。

ミスマガジン2003 夏目理緒
夏目理緒
おすすめ度 ★★★★★


★★★★★ 2005-05-09 Pure Smile 夏目理緒』、
夏目理緒さんは他のアイドルと違って笑顔が素敵です。見ているとホットしますよ。ちょっとぎこちない動きや照れながらの笑顔がとても自然で、見る価値があります。作る側の能力でもっといい作品ができるはずです。

★★★★★ 2004-09-06 シーソーのシーンが1番良し!!
テレビでしか見たことがなかった夏目理緒ちゃんの作品を初めて購入。感想は、見てるだけで幸せを感じます。童顔、爆乳、引き締まったウエスト、スラリと長い足。これ程欠点が無いアイドルっているでしょうか?今作品の見所はシーソーのシーンです。上下する度揺れて震える爆乳は絶対に忘れない事必至です。本当に音が聞こえる位迫力ありますよ。

★★★★☆ 2004-03-13 アンバランス!
かわいいロリフェースにありあまるビッグな胸のアンバランスがすごいですね。今一、笑うとあか抜けない表情は愛嬌として許します。シーンもいろいろ想像をかきたてる工夫がされています。一番ぐっときたのはウェイトレス姿ですかね、可愛い表情・振る舞いと有無を言わせない胸のビッグエロチックな主張のアンバランスがたまりません。次はコスプレものも出すようですね。水着とかで露出度上げるだけが芸じゃないですよ、服着用でもエロス感じることはあるんですよね。期待してます。

★★★★★ 2004-03-03 最高傑作ですね。
もう最初から最後まで、目が離せません。映像も凄くキレイで動いてる理緒ちゃんは、可愛いです。本人も言っているように胸はちょっと大きすぎですね。シーソーの場面は凄いことになっています。ビリヤードの場面の理緒ちゃんも楽しそうで可愛いです。何回でも見たくなる最高の作品だと思います。 

★★★★☆ 2004-02-18 バーチャル級のバストをリアルに実感させて欲しい!
彼女のバストは今までに見たことがないぐらいのでかさ、別格のバストですね。いままでは観賞用としてはバストはでかけりゃでかいほどいいに決まってんじゃん! と思っていましたが、正直夏目レベルになると、自分の中に違った感覚が芽生えてきてます。想像を超えたでかさ、とでもいうのでしょうか。もうマンガレベル。ミスマガの水着セレクトはかなり露出度も高く、布面積も小さいので、毎回かなり見応えがあるのですが、それだけに逆に夏目のバストはだらしなく見えてしまう気がします。むしろサイドから押さえつけるだけ押さえ付け、谷間をさらに強調するようなブラの方が個人的には好み。最初のビキニなんて、横からでれーんとバストがだらしなくなってしまっているのはなんとも見ていて辛い。その後のハンモック、インタビュー時のビキニの彼女のバストが綺麗に形作られていて良い感じですけれども。衣装的にベストなのはベッドシーンのピンクのビキニですね。それと、Tシャツやワンピなど、普段着ではどのぐらいバストが目立つのかっていうところも気になるので、そういう衣装がもうちょっとあってもよかったのかなと。よく街ですごい巨乳の子を見かけて、思わず目が離せなくなるあの瞬間。そういう感覚を思い起こさせて欲しい! やはり夏目さんのバストはバーチャル級のバストなんですよ。だからそういった日常の何気ない衣装やシーンを折り込んで、リアルであることを実感させてくれ! と思いました

>>もっと詳しく見る
夏目理緒のコスっちゃうぞ


内容紹介

無邪気なキャラクターと90cmのJカップバストで見る者を虜にする
新世代アイドル・夏目理緒。
彼女のイメージDVD2タイトルが同時リリース。
「コスプレ編」と銘打たれた今作では、彼女がさまざまなコスプレ
に挑戦。
激萌えのイメージシーンを存分に楽しめる。


夏目理緒のコスっちゃうぞ
夏目理緒
おすすめ度 ★★★★☆


★★★☆☆ 2004-05-30 この子には難しいジャンルかもしれません
同時発売のコスプレ版。ラバーキャッツ、テニス、ウェイトレス、ビキニナースと色々チャレンジしてくれていますが、この子にコスプレは無理ですね、可愛くないから。爆乳を生かした水着で視聴者の視線をそらさないといけません。ボディがいかに魅力的でも、可愛くないとコスプレは似合わないことがよく分かりました。ちょっと彼女には酷な作品でした。

★★★★☆ 2004-05-12 ナイストライ☆
よくがんばりましたね。いいですよ。特に特に良かったのはナースの廃工場シーン。ナースと言っても白の下着(ストッキング&ガーターベルトですよ)ナースですよ。それで真顔で仰向けになったり四つんばいになったり(胸すごい)、もうため息でました。ただ、キャットのシーンで腕をニャンニャンとしながら動くシーンは大変ぎこちなくエロッチックというよりご愛嬌です。テニスルックもスカート長いしちょっと残念、OL姿は美脚に驚きも胸元は不満。理緒ちゃんの顔は正直あかぬけてないけど大胆な挑戦と愛らしさとアンバランスさで今後も応援したいですね。大人っぽくなって少しお化粧するようになったらすごいかも知れません。未完の大器です。

>>もっと詳しく見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。