[PR] 中古車 輸入
真のグラビアアイドルを語るには!グラビアアイドルの作品のレビューをよ~く見ないとね!!


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パッチギ ! プレミアム・エディション

沢尻エリカ
sawajirierika.jpg
●プロフィール
沢尻エリカ(さわじりえりか)

女優
1986年4月8日生まれ
東京都出身
スターダストプロモーション所属
父はエドノコバン?他16頭の競走馬の馬主だった故澤尻義勝
母はアルジェリア系フランス人

沢尻エリカの詳細情報



パッチギ ! プレミアム・エディション
塩谷瞬
おすすめ度 ★★★★★


『ゲロッパ!』の井筒和幸監督が、若者たちの恋と喧嘩を軸に、日本と朝鮮の深い溝とそれを乗り越える前向きな力を問う屈指の傑作青春映画。1968年の京都、高校2年の康介(塩谷瞬)はかねがね敵対する朝鮮高校に親善サッカー試合の交渉をするはめに。しかし訪れた朝鮮高校で彼は、音楽室でフルートを吹くキョンジャ(沢尻エリカ)に一目ぼれし、彼女と仲良くなりたい一心で、『イムジン河』の歌をギターで覚えるが……。
ベースは国籍の違いによる日本版『ロミオとジュリエット』だが、その実二国間のさまざまな世代が織り成すエネルギッシュな群集劇として見事に屹立。また深刻な問題に真正面から取り組みつつも、あくまでもにぎやかでコミカルに進むテイストからは、井筒監督ならではの人間讃歌がうかがえよう。娯楽を機軸に、観る者の意識を啓蒙させ向上させえる、これぞ真のエンタテインメントと断言したい。なおパッチギとはハングル語で“頭突き”のこと。“突き破る”“乗り越える”という意味もある。(増當竜也)

★★★★★ 2007-03-19 共存
下のレビューで古臭いと書いてた人いたけどそれすら出来ないから人間は愚かだし何時までも在日朝鮮人と仲良く出来ないのでは?非難する人が沢山いますがこの映画をただの暴力映画とか左翼みたいとか言いますが本質は共存なんです。朝鮮人が嫌いな人が彼らを日本から追い出せますか?日本で生まれ育った朝鮮人が今更国へ帰れないですよ。イスラエルとパレスチナじゃあるまいし。みんなが仲良く共存する事を切にねがいます。

★★☆☆☆ 2007-02-03 古臭い・・何もかも
TVで知り前作から見ましたが、過大評価してませんか?60年代後期の話ですが、この人の感性、思想もここで止まっているとおもいます。現在が感じず昔の映画の焼き回しをみてるようです。画がやすいし、役者も沢尻エリカ以外はコスプレの域で感情移入しずらい。人の映画の悪口、粗をのたまうわりにはねぇ・・・伝えたい事はわかるのですが、引き込むだけの映画力が感じない。過去の話をとりあげるときいちばん重要なのはそこでは?同じ青春物で僕としては「キッズリターン」のほうが感動しました。

 

★★★★☆ 2007-01-27 愛は国境を越える…?
井筒映画を初めて見ました。

バイオレンスな映画で有名ですが、これも暴力シーンすごいです。

こういう映画をあまり見ない人が見ると気分悪くなりそう。



伝えようとしていることは素直に感じ取れるいい作品でした。

「イムジン河」がストーリーと調和してて心にしみます。



国や人種の溝は、お互いが無くそうと努力しなければ埋まらない

そういうことを考えるきっかけになる映画です。



★★★★★ 2007-01-21 突き刺さる台詞がある映画
1968年、ここで暴れまくっている彼らはその後団塊の世代と呼ばれるわけです。

時代の匂いを誇張気味にムンムンさせているところはまあご愛嬌で、

後半でガツン、決め手の台詞が存在するいい映画でした。

葬式で「お前らとわしらは違うんだ」と説教をする爺さんの場面、

史実の捉え方はどうであれ、民族問題の根底のある心情的な壁がガツン!です。

人を愛する気持ちの前にはだかる民族問題。

それを乗り切れずに未婚の母になるべく、出産に挑むシーンと交差する「イムジン河」のBGM。

今更在日問題をどうのこうのと言っているわけではない。

台詞にあるように、「ニッポンのガキ、何も知らない。今知らなきゃずっと知らないだろ」

そういう井筒監督的な利己主義事なかれ世代の現代人に向けたメッセージが感じ取れます。

奇麗事ではない、愛の臭さや絶望をもコミカルに描き出していて気持ちよかったです。



★★☆☆☆ 2006-09-09 今さら
在日問題を、べつに映画に教えられなくてもいいです。もうすでに知っていることなので。というか、在日韓国人役の出演者がどう見ても韓国人に見えない。
この映画が楽しめるのは、出演者や監督のファンもしくは当時自分も青春時代で背景や音楽が懐かしいなーという人だけです。監督が自分の青春時代を懐かしんで作った感じもしました。

>>もっと詳しく見る
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。