[PR] 中古車 輸入
真のグラビアアイドルを語るには!グラビアアイドルの作品のレビューをよ~く見ないとね!!


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
長澤まさみ★ドラゴン桜


masamimizugi.jpg
●プロフィール
長澤まさみ(ながさわまさみ)

女優
静岡県出身
1987年6月3日生まれ
東宝芸能所属
身長 168cm
血液型 A型
水着画像でも分かるように実は隠れ巨乳
バストサイズはFカップ94センチですって!

2000年、第5回東宝シンデレラコンテストにて史上最年少でグランプリに選ばれ芸能界デビュー。同年、『クロスファイア』で映画初出演。2003年、『ロボコン』で映画初主演。翌年には映画『世界の中心で、愛をさけぶ』に出演し、史上最年少で日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞した。2006年には『ラフ ROUGH』『涙そうそう』と2本の映画に主演、『セーラー服と機関銃』で連続ドラマ初主演を果たす。父はサッカー・ジュビロ磐田初代監督の長澤和明。東宝シンデレラコンテストへは中山雅史・生田智子夫妻の勧めで応募したという。


ドラゴン桜 DVD-BOX
阿部寛
おすすめ度 ★★★★★


徹底したリアリストぶりを貫く三流弁護士から伝授された独自のテクニックによって、偏差値36の落ちこぼれ高校の生徒たちが東大合格を目指す様を描いた異色の学園ドラマ。弁護士の桜木(阿部寛)は倒産処理の任命を受けて、経営難に陥った私立龍山高等学校にやって来る。元暴走族という過去をマスコミに暴露されたために仕事が激減していた桜木は、ここで経営状態を回復させればいっそう自らの汚名返上にかなうと思いつき、創立以来一人も出ていない東大合格者を輩出することによって、学校を進学校に生まれ返らせる再建案をぶち上げる。英語教師の井野(長谷川京子)らの反発をよそに編成された特進クラスには、父親の借金のためにバイトをしている矢島勇介(山下智久)や、地味で目立たない水野直美(長澤まさみ)ら5人が集められた。ここに東大合格を目指しての勉強の日々がはじまる。
型破りながらも的を射た受験テクニック、その勉強法の数々は目から鱗の面白さ。そのいずれも受験のみならず、社会を生き抜く上での処世術としても大いに参考になるあたりが、このドラマに普遍的な興味を加味させているところである。世の中に越えられない壁はないと桜木に言い切られてしまうと、奇妙なほどに勇気が沸いてきて、何だって出来る気がしてくるから不思議だ。(麻生結一)

★★★★☆ 2007-02-17 もっと勉強はしておくべきだった
 このドラマを見ていると、「もっと学生時代に勉強しておくべきだった」と思えてきます。確かに勉強をするのに年齢なんて関係ないとも思いますが、しかし、学生時代が一番勉強時間が取れるのだからやはり学生時代にはもっと勉強しておくべきだと思います。だからこのドラマは中高生は是非見るべきだと思います。現場の教師の人等にも見て欲しいドラマです。

 今私も資格を取るために勉強中ですが、このドラマの勉強は結構資格勉強などにも応用できるのではないかとも思いました。



 主演の阿部寛さんは正にハマリ役といったところでしょう。阿部さん以外にはこのドラマの主演は考えられません。生徒役、特別講師役の人たちもとても良かったです。特に英語講師役の金田明夫さんは「金八先生」の「北先生」とはほぼ180度違う役柄だたので驚きました。あと、金田さんはあんなにマッチョだったのにはもっとビックリしました。新垣結衣が左利きだというのは少し発見でした。



 まだ見たことの無い人には是非お勧めしたいドラマです。キャストのファンじゃなくても凄く面白いので見てみてください。

★★★★★ 2007-01-24 シブい
阿部寛演ずる「桜木先生」がシブいです。

この人は、こういう役が一番合ってるなって思いました。



内容も受験だけでなく、日々生きていく中で「なるほど」と思える

ことがいろいろ出てくるので、見ていて飽きないです。



出演者も豪華で、きっと誰か一人くらい、いいなぁと思える俳優さんが

いるので、とっつきやすいかと。



英語の特別講師の役者さんは笑えました。



★★★★★ 2007-01-08 人生に挫折したときに見るといいかも
面白かったです。単に受験のテクニックを教えるだけでなく、

社会に出てから初めてわかること、

教育界の理想と現実はやっぱり違うことなんかを

阿部寛が斬って言い捨てる場面は

ほんとにその通りうんうん、と頷きながら見てしまいました。



「今の世の中やっぱり学歴社会」

「上のものが下のものから搾取している」

「社会のルールは頭のいい人間が自分の都合のいいように作っている」

などなど今のこの格差社会を象徴するかのような

言葉の数々、見事です。



またこのドラマを見てしまうと受験前の方は

自分も東大に行けるんじゃないかと思えてしまうんじゃないでしょうか。

だめだめな自分でも努力すれば道は開けるんだと

勇気付けられるドラマでした。

★★★★★ 2006-09-20 受験ドラマの傑作!目標設定が大切だ
原作をうまくまとめてテンポのいいドラマに!秦建日子の脚本はさすがです。阿部寛の桜木先生ははまり役です。ハセキョーもいい感じ。山下、長沢など生徒の演技もいいし、手に汗握って応援してしまう。



東大受験で、何をすれば可能性が高まるか・・・最初に目標設定ありき!なのです。目標を立てなければ何も始まらない。そして、目標を立てたら、どう可能性を高めていくか。どこだったら、どうやったら、そして、言葉の持つ力。当たり前と言われてしまえば、当たり前なのだが、主人公 阿部寛の言葉には力がある。その気になっちゃうものね。人生においても同じです。



ダメダメの生徒たちが可能性を高めていくのは見ていてすがすがしい。文句なしに見ていて元気になる面白いドラマです。買って損はしませんよ。

★★★★★ 2006-08-05 社会人ですが、勇気づけられました!
最初は他人事のように考えていたのですが、このドラマを見ているうちに、とても勉強したくなりました。というよりは、もう一度何かにチャレンジしたくなったのです。



そこで、過去に買ってまったく使っていなかった英検1級の問題集や単語集などをひっぱり出し、勉強を始めました。阿部寛さん演ずる桜木弁護士の「お前ら、自分の可能性を否定するなよ!」ということばに何度励まされたかわかりません。



以前は、「どうせ受からないだろう」という前提で努力もせずに試験を受けて落ちる、という悪循環にはまっていました。まさに、自分で限界を作っていたいい例だったと思います。



最初は「いつまで続くだろう」という半信半疑の気持ちで始めましたが、生徒役の皆さんの一生懸命な姿を見て、「自分も頑張ろう」と思うことができました。そして、幸運にも合格することができたのです!



私のように、無意識のうちに「バカハチマキ」を巻いていた(巻かれていた)人は少なくないと思います。でも、このドラマと原作は、そんな人たちに大きな希望を与えてくれました!



受験生の方だけでなく、自分の夢や希望を失いかけている大人の方にもぜひ見ていただきたいと思います。

>>もっと詳しく見る
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。